広島へハグを

| | コメント(0)

広島へハグを

来年夏に パッチ・アダムス来日を迎える準備にかかります。
今回の広島は パッチを招いた医師たちの勉強会に参加するためです。

ご存知のように 広島は原爆の爪痕がいまだに残る街です。全国で一番ガン患者が多く その末期医療もすすんでいます。

寿命をさとる患者は病巣だけでなく 心も病んでしまう人が多いのです

向き合う医師たちのケアに関する意識も高く パッチの提唱する笑いの効果にも肯定的です。

笑いは免疫力を高め 自然治癒力を増します。

さらに 医療現場での医師と患者の関係を 友人であるべきと唱え 従来の常識を根本から覆す活動をしています。

ハグを日常の挨拶に奨励するのも 身の回りの人へ愛情を キチンと表現することが 心の健康に良いことを表しているのです。

さてどんなハグと出会いがあるでしょうか

続く

コメントする

このブログ記事について

このページは、DreamCraft Staffが2006年12月 3日 06:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どりくらTV 37E よさこいの基本」です。

次のブログ記事は「ハグ隊のあいさつ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

DreamCraft
Copyright 2004-2007 & copy; DreamCraft